平成30年10月例会

  • 2018.11.08 Thursday
  • 23:40

 

もう月が変わってしまいましたが、研究部10月の報告です。

 
私(あきもと)は経絡変動班に所属しているのですが、今月は午前は経絡変動班に、午後実技時間は腹診班の方に参加させていただきました。
 
腹診班に参加してみてまず第一の感想は「普段の腹診で自分が思っている以上に見逃しがあるのではないか?」ということです。軽く触れているつもりでも、もっと浅い層の様子を見逃していたり、皮膚のたわむ様子を確かめる時に偏った動かし方をしていたり、触れる圧にムラがあったり。とことん腹診の深浅や触れ方について相互に突き合わせるような実技をやってみないと、なかなか気づきにくいかもしれません。
もう一点印象に残ったのは、私よりベテランの諸先輩が真摯にかつ実に楽しそうに取り組まれていたことです(笑)
やっぱり楽しくないと♪
 
 
経絡変動班については、10月例会だけでなくこの半年の流れのおさらいという感じで書かせていただきます。

 

昨年、本田先生の指導の下で班が立ち上げになり、本田式の経絡変動を捉える考え方や反応点の取り方に取り組んで3月にそのアウトラインと取組みの様子について発表させていただきました。
 
しかし今年の取り組みは去年と変わらざるを得ません。何より今年の4月からは本田先生による指導が無くなりました。ひとまず基本的な考え方「経絡の流注等関連部の内実所見を重視して経絡の変動を考え施術を進める」という点は継承しつつ、自分達だけで進められるように検討することになった訳です。春頃には本田先生が発見された脾の反応点は鼡径部や内股に位置していて使いにくい為、他の場所で代替できないか?ということで検討していたんですが、夏ごろまでは方針が右往左往して取っ散らかってしまった部分がありました。昨年本田先生が提示されたレベルに至るには、現在の私達にとってはかなり高いハードルがあるように感じていたのが正直なところですし、所見についての意見がなかなか揃わないという面もありましたし、他の面白い着眼点と興味を持った班員もあり、どう進めればいいんだろう?という状態に。夏休みにLINEで率直な希望や考え方について意見交換したり、直接会ってミーティングしたりして、ある程度方針を定め、9月10月と実際に実技をしながら改めつつ、前に進み始めています。
 
テーマは2点。仮に私が題すれば「脾経上の数点と脾兪脾募の所見把握(とその修練)」「足指部の開きや他動痛と適応側や変動経絡との関連について」という感じでしょうか。足指は真下さんの提案ですが、観察してみると興味深いんです。何が得られるのか楽しみです。
 
 
なお、今年度の3月研究部発表は、講義1コマだけの枠で実施ということになりました。
今年立ち上げた腹診班は何か知見が得られるところまで行くのか?ましてや模索を続けた経絡変動班は何か具体的なものが見えてくるところまでに至るのか?今年は11月例会が無く、残るは12月・1月・2月のみ。
少なくとも経過報告という形で、できれば何らかの知見を発表させていただければと思います。
 
(あきもと)
 
p.s.
次は経絡変動班堀田班長からの予定です♪

スポンサーサイト

  • 2020.02.02 Sunday
  • 23:40
  • 0
    • -
    • -
    • -