研究部について

  • 2018.03.16 Friday
  • 19:15

(固定記事)

●概要

東洋はり医学会関西(支部)の研究部には、入会4年以上すなわち研修部1年の在籍を経た人が所属することができます。希望者のみで構成され、自分達で定めたテーマについて研究する過程で研鑚を重ねるところです。基本的には指導の先生はつかず、研究部員だけで運営されます。

 

 

●年間スケジュール
【4月】新年度。新部員加入(〜6月まで)。班の大まかな構成を定めます。
【4〜6月】お試し参加期間。
【7月】研究部/研修部 および 班の所属を確定。
【1月】発表に向けて準備。
【2月】発表の予行演習。
【3月】高等部以上講義の時間に発表。
【翌4月頃】前年のテーマで例会後に指導部研究部合同勉強会。
【翌7月頃】メリディアンに発表要旨掲載。

 

●例会の一日のスケジュール
午前の講義1コマ目から研究部だけで活動します。講義2コマ目の時間まで、話し合いや実技。
午後実技も研究部だけで活動です。基本的には実技ですが、スケジュールによってはこの時間に話し合いをすることもあります。

 

●例会の間もメーリングリストなどの通信手段を活用して報告・検討などを行ないます。

 

平成29年6月時点では刺鍼班と反応点班(仮称)の2班で活動しています。
新しく設けられた反応点班に多くの方が参加され、当面は本田先生が直接指導されるという、研究部としては初めての形です。

 

(あきもと)

スポンサーサイト

  • 2020.02.02 Sunday
  • 19:15
  • 0
    • -
    • -
    • -