令和元年12月例会

  • 2020.01.17 Friday
  • 13:05

 

もう2日後に1月例会を迎えるというのに、一カ月遅れで12月例会の記事をUPします。

 
腹診班は腹診を三層に分けて、観察方法やその所見のすり合わせをしています。
今月の会議のテーマは第三層の状態を表現する言葉について話し合い。
「抵抗」「張り」については既に出ていた表現で全員一致。
「弾力」の表現案では意見が分かれたので話し合い、次のように決まったそうです。
『術者の手を被験者の腹に当て手を沈めていった時、手が押し返される感覚があるもの。また沈めた所から浮沈動作を加えた時にも手が押し返される感覚があるもの。手を沈めた時、表面が指の形に沈み込む。』
 
沈めていった時と浮かせてくる時の両方でその感覚を表現していますね。
沈める時の感覚描写だけでは皆が「弾力」と呼んでいるものを説明できない、ということかな?と思っています。
 
経絡変動班は11月の自主練を経て軌道修正しました。
共通しているのは、指の動きの良し悪しを観察することで証や適応側の決定の判断材料にしようということです。
今までは、左右経絡の変動を個別に判断する材料として足指の動きを観察していました。
今度は個別の経絡変動は考えず体全体が良くなる証拠の一つとして足指の動きを観察します。
同じ目的で同じ所見を活用しようと企図していますが、考え方と順序が違います。
 
正しい証・適応側の経穴に触れれば、主訴部や肩腰、脉腹などの所見が改善するのと同様に足指の動きも良くなるのです。12月例会では、それを実地で使いやすくするにはどうすれば良いのだろう?と観察の方法を検討しました。
 
1月は例会全体がアレルギー特別講座になっていて、いつもと違うスケジュールです。
午前の活動時間も短くなりますが充実の一日となるでしょう。
(あきもと)

令和元年10月例会

  • 2019.10.31 Thursday
  • 13:58

こんにちは、研究部の佐野です。
10月例会の研究部活動レポートです。


腹診班は午前は第三層の定義と第一層の研究の進め方について話し合いを行ってから第一層の腹診を、
午後は研究の進め方について確認をしてから実技を行いました。


経絡変動班は午前は感覚・表現のすり合わせと研究の進め方についての話し合いを行った後に実技を、
午後は会議を行ってから実技を行っていました。


午後の実技については腹診班と経絡変動班でお互いに患者役を交換して行いました。
秋元先生には腹診班で患者役ではなく治療者側で第一層の腹診を行ってもらい意見をいただきました。


両班とも先月で新たな課題に取り組み始め、今月でその課題に対しての進め方はある程度固まってきましたが、
班員同士での感覚や表現のすり合わせに苦戦している状態です。


11月は例会がありませんので今年度の研究発表まで残すところ三回となりました。
今まで以上に一回一回を大事にして頑張っていきましょう。

令和元年9月例会

  • 2019.09.28 Saturday
  • 17:14

 

一か月ぶりの例会です。

 

 経絡変動班は、夏休みの間に全員集まって2回の自主練習を行いました。指の 動かしやすさを調べて経絡変動を把握し証や適応側の 決定に役立てられないかと活動しておりますが、指の動きの評価の仕方 はメンバーの間である程度揃ってきました。これからその把握したものが経絡の変動とどのようにリンクしているのか?という段階に 進めたいところです。

 

 腹診班は、三層腹診の第3層の様子について表現する言葉(抵抗・張り・弾力・硬軟)のすり合わせが進んだようです。次は最も浅い第1層について、ざらつきや水分などに着眼して進められるようです。

 

 両班ともに 一歩前進しましたが、また次の課題に面しているという状態です。10月の例会は6日、もうあと1週間しかありません。その次がもう12月です。あっという間ですね。10月は大事な例会になるでしょう。

 

(あきもと)

令和元年6月例会

  • 2019.06.12 Wednesday
  • 00:13

 

今月は経絡変動班の森下翔太新班長からコメントをいただきました。 
 
「こんにちは。今年度から研究部の経絡変動班の新部長になりました森下です。
経絡変動班の部長として今年度はまず1つの研究目標を突き詰め、それを形にするという事を第一に研究を行なっています。
現在は足の指を一本ずつ他動的に屈曲させた時の感覚が一致するように班員全員で感覚を照らし合わせたり、証や適応側の違いなどで起こる足趾の動きの変化を観察したりと地道にデータ収集をしています。一歩進んだかと思えばやっぱり進んでいないかと感じたり一喜一憂ありますが、来年の発表時には納得のいく研究発表ができるようにこれからも頑張っていこうと思います。
そして一緒に研究して下さる先生方に感謝です。」
 
(あきもと)